2021-11

離され島冒険記第三部「国興」

離され島冒険記第三部「国興」a-9帰路5

「ああ、星屑石の村か。それでここにいたのか」 男はほっとしたようにそう言ったのだった。 「え、星屑石の村をご存じなのですか?そこにはどうしたら行けるのでしょうか?」 僕は息せき切って男に尋ねた。
離され島冒険記第三部「国興」

離され島冒険記第三部「国興」a-8帰路4

米が実る草は稲と呼ばれていた。草取りをしながら僕らは米の育て方を教えてもらった。一緒に働いているうちに頼りにしてもらえるようになったらしく、田んぼの修繕も手伝うことになった。田んぼを囲む堰は畦と教わった。
離され島冒険記第三部「国興」

離され島冒険記第三部「国興」a-7帰路3

「まさか大陸の者じゃあるめーな?」 大きな身体をした男が、こちらに向かって走りながらそう言った。慌てて逃げようとした僕らだったが、男の発した大陸と言う言葉に、ふと、立ち止まった。
離され島冒険記第三部「国興」

離され島冒険記第三部「国興」a-6帰路2

「米どろぼう、はっきりとは判らなかったけれど、そう言っていたような気がする」 ソウが答えた。その言葉を聞いて僕は顔を上げた。