2020-09

離され島冒険記

電子出版のご報告「離され島冒険記」ー序章(抜粋)

Amazon Kindleにて電子出版した冒険小説「離され島冒険記」序章(抜粋)です。Kindle Unlimitedご利用の方は本編が無料でお読みいただけます。購入の場合は500円(税込み)です。本編もぜひお楽しみください。
離され島冒険記

電子出版のご報告「離され島冒険記」ーあらすじ

この度、Amazon Kindleにて電子出版を致しましたので、紹介させていただきます。Kindle Unlimitedご利用の方は本編が追加料金無しでお読みいただけます。単独でご購入の場合は500円(税込み)です。
草原のチャド

草原のチャド1-9.追手

遥か眼下に横たわる湖をチャドは眺め続けていた。山裾にあった雲がゆっくりと進んで行く。森を越えて草原を渡り、湖上を滑っていく雲をチャドは見つめ続けた。『あそこに行きたい、いや行くのだ』チャドはこれから進んで行くのであろう方向を見定めた。
草原のチャド

草原のチャド1-8.山頂へ

チャドは手に持っていた猛獣の牙を口に咥えると、樹上から一気に飛んだ。隣の木の枝が見る間に迫って来た。丈夫でしなやかな枝を鷲つかみにするとすぐさま次の木を目指して飛び移って行く。幹から幹へ、枝から枝へ、木のしなりを利用して先へと進んで行く。
棚田の恋

棚田の恋1-4.ご飯

ミルキークイーンと袋にマジックで書かれていた。苗から育てたわけではないものの、自分が稲刈りしたお米だ。ミルキークイーンを取り出すと、その下には更にこしひかりと書かれた袋も入っていた。遊びで色々植えてみたと男性が言っていたのを思い出した。