草原のチャド

草原のチャド1-3.独り立ち

大きくなるにしたがってチャドは自分のことは自分でやるようになっていった。そしていつしかチャドも力のある若いオスの役割を負うようになっていた。
草原のチャド

草原のチャド1-2.成長

 少し大きくなり、わずかながらでも自分で餌を取れるようになると、チャドは母親から徐々に離れ、子供同士で遊ぶようになった。一緒に暮らす年配の仲間ともよく話しをするようになった。年上の仲間から自分の知らない話を聞くのは楽しくてためになった。
草原のチャド

草原のチャド1-1.誕生

スポンサーリンク 700万年遡る、人が人になる前の遠い昔の物語です。 その朝、赤ちゃんが生まれた。こげ茶色の毛で全身を覆われた小さな赤ちゃんは、地平線から顔を出した太陽の最初の光を一身に浴びて、まるで輝くようだった。母親...